松茸の茶碗蒸し
松茸の茶碗蒸し
茶碗蒸しも松茸が入ると、
超高級料理になります。
松茸の香りはお代わりを誘います。
材料
【4人分】
松茸(まつたけ) 50g〜
鶏肉 一切れ
ほうれん草 適宜
銀杏(ぎんなん) 4個
三つ葉 適宜
 《卵だし汁の材料》
2個
だし汁(カツオや煮干、昆布など) 3〜4カップ
しょうゆ(薄口) 小さじ2杯
みりん 小さじ1杯
小さじ1/2杯

【 松茸の下ごしらえ・下処理 】

  1. 松茸の根元の硬い石突部分を包丁で薄く削ります。
  2. 濡れ布巾やペーパータオルで軽く拭いて汚れを落とします。

※松茸を水洗いすると香りが逃げるので、一般的に松茸を洗うことはありません。洗うとすれば水をかける程度に!
※松茸は天然のものなので虫が喰っている場合があります。その場合は虫を除いて塩水に漬けると良いでしょう。

【松茸の茶碗蒸しの料理レシピ・作り方】

  1. 茶碗蒸し用の卵だし汁を作ります。
    ・だし汁に薄口しょうゆ、みりん、塩を加えて、ひと煮立ちさせます。
    ・冷えた後に卵を割り入れ、よく混ぜます。(泡を立てないように注意しましょう。)
    ・できた卵だし汁を目の細かい濾し器や濾し布で濾すとムラがなくなります。
  2. 松茸を繊維に沿って縦方向にスライスします。銀杏はあらかじめ茹でておきます。三つ葉は器に入る大きさに切り揃えます。
  3. 茶碗蒸し用の器に松茸と銀杏入れ、鶏肉、ほうれん草、卵だし汁を注ぎます。茶碗蒸しの器に蓋します。
  4. 蒸し器にお湯を張り、茶碗蒸しの器を並べます。蒸し器に蓋して蒸気が上がってきたら、弱火で12分程度加熱します。
  5. 蒸し終わったら、三つ葉を添えて出来上がりです。
    (十分に火が通ってないと固まりませんが、蒸しすぎるとスが入ってしまいます。)

※松茸をやや厚めに切ると歯ごたえや食感を楽しめます。
※電子レンジでも簡単に松茸の茶碗蒸しを作ることが出来ます。茶碗蒸しモードがあれば取扱説明書で確認して
ください。

【松茸の保存方法】

松茸は届いたその日に食べるのがベストですが、短い間、松茸を保存する方法は、キッチンペーパーなどに包み、ビニール袋やたっパーに入れ、冷蔵庫に入れます。(翌日くらいまで保存する場合)
・紙に包むのは湿度を抑えるためです。(湿度が高いと腐りやすくなります。)
・ビニール袋やタッパーに入れるのは、他の食品の匂いが移るのを防ぐためです。

長期間、松茸の保存する方法は、土や汚れを取り除いてかるく水洗いしてラップに包み冷凍します。冷凍保存の松茸は焼き松茸にはちょっと無理ですが、松茸ご飯やお吸い物、茶碗蒸し、土瓶蒸しには十分に使えます。実際、高級料亭でも松茸を冷凍しておいて使っています。秋に旬の松茸料理を食べた際に、余分な松茸を冷凍保存しておくと、お正月のお吸い物や松茸ごはん、おせち料理などに使えて重宝です。

2018年度秋、松茸のご予約受付中。
松茸の料理レシピ
松茸ご飯 焼き松茸 松茸のお吸い物 松茸の茶碗蒸し 松茸の土瓶蒸し
松茸のホイル焼き 松茸鍋 松茸すき焼き 松茸ラーメン
松茸の通販・販売
トップページ / ショップ運営方針 / サイトマップ / お問い合わせ